クレジットカードの還元率に特化した情報サイトです。

還元率は計算で決まる

コメントは受け付けていません。

photo-rate8

利用額から計算する

「クレジットカードをよく利用するので、その利用額の多さでポイント還元が有利になるものを選びたい」という場合は、まずは「年間利用額によって、ポイント付与に差が出るカード」を探してみましょう。

一例として、そごうのクラブ・オン/ミレニアムカード セゾンの場合、「西武やそごうでカードを使うと、年間の購入額におうじて、次年度の西武・そごうでのカード利用額に対して2~7%のポイント付与がある」といった特典があります。

これ以外にも、「年間利用額におうじて、ボーナスポイントのプレゼントがある」「年間利用額が一定水準を超えれば年会費が無料になる」というクレジットカードも存在しますよ。

こうしたカードは、通常のポイント付与に「年間利用額の多さによるプラスアルファ」が加わることで結果的にお得になりますので、クレジットカードヘビーユーザーにおすすめと言えるでしょう。

年間利用がによってポイントや何会費無料などの特典

商品交換から計算する

クレジットカードでのポイント還元を「商品交換メインで考えたい」という人は、やはり「交換できる商品が多いクレジットカードを選ぶのがおすすめ」と言えます。

ポイントと交換可能な商品は、カード業者のホームページ上にあるWebカタログから閲覧できるようになっているところも多いので、ぜひ調べてみて下さい。

たとえば、1,000円利用につき1ポイント付与されるクレジットカードにおいて、「1,000ポイントをギフトカードに交換すると5,000円分になる」という場合は0.5%の還元率ですよね。

ですが、商品との交換で「1,000ポイントで交換できる商品の中に、定価1万円のものがある」という場合、その商品の還元率は1%となり、ギフトカード交換よりもグッと高い率となるのです。

還元率について

ですから「還元率が高く、なおかつ自分のニーズに合っている商品があるかどうか」を探せるかどうかがカギとなります。だからこそ商品の選択肢が多いほうが好ましい、というわけですね。

業界平均から見るおすすめ還元率

クレジットカードの還元率は、ポイント交換する商品の内容によっても異なりますが、おおむね0.3~0.5%程度が業界平均、というところです。

ですから、お得なクレジットカードを探すなら「業界平均水準よりも還元率が高いところ」を比較するのが、もっとも簡単な探し方と言えるでしょう。1%を超えるレベルの高率還元カードは、文句なしにおすすめです。

ですが、中には「一見、還元率自体は業界平均そのままの率に見えるものの、実は、条件によってポイント付与率がグンとアップするなど、他よりも有利にできる手段がある」というクレジットカードも多数存在しています。

特に、ネットショッピングなど、ネットを介してのサービス利用をする人は「ポイント付与率が高くなる会員向けサイトを利用する」という手が使えますので、ポイントアップサイトのサービスを実施しているところを探すというのもおすすめです。

関連記事

コメントは利用できません。