クレジットカードの還元率に特化した情報サイトです。

比較して楽しむ還元率

コメントは受け付けていません。

photo-rate4

ベーシックなクレジットカードの場合

クレジットカードの利用において、やはり気になるものと言えば「還元率」です。自分がカード利用した金額のうち、どのくらいの割合が還元されるのか、その率によって「お得度」に大きな差が出てきますからね。

ごくごく一般的な、ベーシックタイプのクレジットカードの場合ですと、還元率の業界水準はおおむね0.3~0.5%程度、といったところです。

この数字だけを見れば「少ない」と思われるかもしれませんが、毎月、公共料金や携帯・スマホ・インターネットプロバイダー料金などをクレジットカード決済にするだけでも、着実にポイントは貯まっていきます。

これだけの利用でも、年間総額で見ると結構な利用額になりますし、さらにショッピング利用なども含めればますます利用額が増えますので、結果的には「毎年、数千円レベルの還元を受けられている」という人が多いです。

「代金をたくさん支払っても、そこから1円の還元もない」という現金払いと比べれば、はるかにお得ですよ。

還元率の業界水準

クレジットカードがゴールドの場合

ベーシックタイプのクレジットカードよりもワンランク上の存在となるのが、ゴールドカードです。ゴールドカードはベーシックカードよりも申し込み資格条件や審査が厳しい分、還元率やサービス面が充実しています。

そんなゴールドカードの気になる還元率は、おおむね0.5~1%程度、といったところでしょう。

まれに、0.4%程度の低還元となっているゴールドカードもありますが、そうしたゴールドカードは、「還元以外の点(保険付帯やサービスなど)で、他よりも大きな特典・メリットがある」というケースがほとんどです。

ゴールドカードの還元率

クレジットカードがプラチナの場合

プラチナカードは、ゴールドカードよりもさらに上の存在となるクレジットカードで、申し込み条件や審査は、ゴールドカードよりもさらに厳しくなります。

では、入手のハードルが高い分、還元の点でゴールドカードよりもさらに有利になるのかというと・・・残念ながら「すべてのプラチナカードが、ゴールドカードよりも多く還元してくれる」というわけではありません。

プラチナカードの中には、1%を軽く超えた高還元をしてくれるものもたくさんありますが、逆に「ゴールドカードとほぼ同水準の還元」となっているものも、少なからず存在します。

ですから、プラチナカードの還元率の業界水準は、「水準自体にかなりの幅がある」という状態なのです。それでもあえて数値で出すとすれば、0.5~2%程度、といったところでしょうか。

あと、ゴールドカードと還元率の差がないプラチナカードについてですが、「還元が有利にならないのでプラチナにしても無意味」というわけではありません。付帯保険や優待サービスなどの点で、ゴールドより優遇されているケースが多いですよ。

プラチナカードの還元率

関連記事

コメントは利用できません。