クレジットカードの還元率に特化した情報サイトです。

JP BANK(ゆうちょ)カードの口コミとメリット

コメントは受け付けていません。

photo-jpbank

JP BANK(ゆうちょ)カードの特徴

JP BANKカードは、「ゆうちょのキャッシュカードに、クレジットカード機能を搭載した」というカードです。つまり、キャッシュカードとクレジットカードが1枚にまとまっている、ということですね。

このJP BANKカードの大きなメリットのひとつは、「全国のさまざまな店舗や施設で会員優待サービスが受けられる」ということです。さらに「カードでエンジョイ倶楽部」に別途登録すれば、ますます優待サービスの利用先を増やすことができますよ。

さて、このクレジットカードのポイント付与と還元率についてですが、まずポイント付与については、基本的に1,000円の利用につき1ポイントとなっており、商品券等との交換による還元率は、0.5%となっています。

ですから、基本的なポイント付与・還元率についてはおおむね平均水準と言えますが、実は「ポイントUPモール」を使えば最大でポイントが20倍付与となるなど、工夫しだいによっては、かなり有利な還元率にすることもできるのです。

さらに、年間のカード利用金額におうじて、ボーナスポイントが得られるチャンスもありますよ。

JP BANKカード特徴

JP BANK(ゆうちょ)カード口コミ・体験談

JP BANKカードは「ゆうちょキャッシュカードと一体となったクレジットカード」ですので、その点の利便性を評価する口コミが多いですね。

「カードが2枚にならなくて済むのでジャマにならない」といった声や、「施設などでの優待サービスを受けられるのが便利。キャッシュカードと一緒になっているからこそ、持ち忘れることもない」などといった声が見られます。

また、このクレジットカードは、一応「2年目以降は年会費がかかる」というカードなのですが、実は公共料金の決済をJP BANKカードで済ませたり、給与振込の口座をゆうちょ口座に指定するだけで、2年目以降も年会費が無料になります。

このような事情もあり、「年会費が無料になるハードルが低いから、実際はまるで負担を感じない」という意見も出ていますよ。

JP BANK(ゆうちょ)カードをおすすめしたい人

ゆうちょのクレジットカード機能つきキャッシュカード・JP BANKカードをおすすめしたいのは、やはり「ゆうちょ口座を持っていて、なおかつ、そのゆうちょ口座をメイン口座として使っている人」ですね。

なぜなら、ゆうちょ口座を給与振込指定先口座にするだけで、次年度からの年会費も不要になるからです。「年会費無料で、さまざまな施設等での優待サービスが受けられるようになる」と考えると、かなりお得と言えるでしょう。

もちろん、「ポイントUPモール」を積極的に利用できる人にもおすすめです。

ポイントUPモールには、楽天やアマゾンなどの超有名どころも加盟していますので、ネットショッピングやネットサービス利用に慣れている人なら、効率よくポイント稼ぎができることでしょう。

おすすめの方

関連記事

コメントは利用できません。